Case 01

ビジネスが成長していくなかで調整ごとや融通が利かずシステム開発が進められない

ビジネス部門専属のIT部門として機能し、
ビジネスに寄り添ったシステム開発を可能に

  • お客様にみられる課題

    • ビジネスの変化に合わせて、スピード感をもった開発をしたい。
    • 既存システムの品質を上げたい。
    • 業務効率を上げるようなシステムを実現したい。
  • 情報戦略テクノロジーが
    提供する解決策

    • ビジネスの変化や技術の移り変わりによって、お客様のビジネスにフィットする業務システムの形は常に変化し続けます。 企業側もIT投資をしてはいるものの、システム開発の現場では思うようにプロジェクトが進まないケースが多く見受けられます。
    • そこで、私たちはお客様の内部に深く入り込みボトルネックに対してアプローチいたします。 それが可能な理由は、業務理解と技術の両方を兼ね備え、部署を横断してコミュニケーションがとれるから。
    • 現場の課題を拾いながら周囲のエンジニア、お客様の社員様を巻き込み、 業務支援ツールの作成、既存システムの品質改善、スピーディーで品質を担保した開発業務をいたします。
    • 品質改善にあたりオンプレからクラウドへの移行といったシステム転換期の場面においても、 能動的に現場方針に合わせた必要スキルをキャッチアップし、 新たにできた開発ポリシーも習得しつつプロジェクトを推進します。
  • 得られる結果

    • 1.お客様のビジネスに適したシステム開発がスムーズに進行できる。
    • 2.お客様の隣に常駐して日々変化する要件をキャッチアップ。高品質なスピード開発が可能になる。
    • 3.自社社員に技術的なナレッジを残すことができる。

その他のケーススタディOther Cases

  • Case 01

    ビジネスが成長していくなかで調整ごとや融通が利かずシステム開発が進められない

  • Case 02

    経営層の理想だけが先行してしまい新規システムの立ち上げが進まない

  • Case 03

    ベンダーからの提案内容に対して妥当性を判断する知見がなく適切なコントロールができない

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ