Yamakawa Takashi
ソリューション営業課 課長 / 2015年新卒入社
法政大学 キャリアデザイン学部 卒
Yamakawa Takashi
ソリューション営業課 課長 / 2015年新卒入社
法政大学 キャリアデザイン学部 卒

ゼロ次請けを浸透させること。
それが仕事の原動力。

中学のとき、学年で一番サッカーがうまかったんです。でも強豪校に進学すると、そこでは通用せず。大きな挫折感を味わいました。何より後悔しているのは、それを受け入れてしまい這い上がろうとしなかったこと。だから入社時、仕事のモチベーションといえば「周りを見返してやる」「絶対に活躍してやるんだ」という反骨心でした。ところがいざ営業として働き始めると、それがだんだんと変わっていきました。新たな原動力を見つけたからです。きっかけは、IT業界の様々な人と接点をもち、リアルな声を耳にしたこと。「経歴も聞かれず、トラブル続きの案件に放り込まれた」、「キャリアが固定化されてスキルアップできない。将来が不安です…」。多重下請け構造のもと悩んでいるエンジニアが本当に多いことに驚きました。情報戦略テクノロジーがゼロ次請けを掲げる理由も、ストンと腹落ちしました。エンジニアには幸せになってほしい。望み通りのキャリアを積んでほしい。その手助けをしてゼロ次請けを業界に浸透させたい。新たに芽生えたこの思いが今の一番のモチベーションです。

クライアントとエンジニアを結ぶ
架け橋になる。

ゼロ次請けは、営業として自信をもっておすすめできる仕組みです。とはいえ、多くのお客様にとっては馴染みがありません。だから過去の実績を交え、根気強くイチからメリットを説明します。穏やかな物腰が営業っぽくないと言われる私ですが、このときは特に熱がこもります。するとお客様にも、「とてもいいですね」と前のめりになっていただけます。
ゼロ次請けと謳うからには、お客様に言われた通りのものではなく、お客様にとって本当にベストなものを提案したい。それには、営業とエンジニアが密に連絡を取り合い、ともにお客様目線に近づくことが欠かせません。その点、情報戦略テクノロジーは営業とエンジニアのコミュニケーションが活発です。関係者間で齟齬が生じにくいので、「かゆいところに手が届く」仕様に落とし込み、お客様の事業に貢献するシステムをつくることができます。そして、密な会話を通して、エンジニアの悩みや実現したいキャリアについても把握できます。上流工程へ行きたいのか、別の言語に挑戦したいのか、想いは様々。一人ひとりに寄り添い次のプロジェクトをアサインすることも、営業の重要な役割なのです。

農業のIT化を実現したい。
いつかこの会社で。

高校時代の友人に負けたくないという思いは今もあります。結婚式などで久しぶりに顔を合わせると、お互いの近況や仕事の話になります。どれだけ稼いでいるか。どれだけ社会に貢献しているか。直接は聞かなくても、それとなく伝わってくるものです。そんなとき、この会社でやってきた数年間には胸を張れます。2年目で主任、3年目で課長に抜擢されたこと。それにともない、給与もグンと上がったこと。エンジニアのキャリア実現や、業界構造の改善にも正面から向き合っていること。こうした得難い経験の数々は、情報戦略テクノロジーにいたからこそ手にできたものばかりです。
将来的には、ITによる農業の働き方改革に挑戦したいです。というのも、私の実家が農家だから。あるとき親が脱サラして農業に挑戦したのですが、そこは本当に過酷な世界。苦労している両親の姿を見て、ITの力でラクさせてあげたいと考えるようになりました。だから、もっともっとスキルアップしていきたい。新規事業にも挑戦したいですし、農業とITの接点も探りたい。この会社でならきっとできる。そう確信しています。

他の記事を読む

INDEXに戻る