Arai Hayato
技術戦略推進部 部長 / 2016年中途入社
神奈川大学 工学部 卒
Arai Hayato
技術戦略推進部 部長 / 2016年中途入社
神奈川大学 工学部 卒

このままじゃ、管理業務しか
できない人間になってしまう。

前職は大手電機メーカーのエンジニア。上流工程で、製造業向けのクラウドサービスの開発リーダーを担当していました。しかし、求められる役割といえば主に外部業者への発注管理。このままじゃ、管理業務しかできない人間になってしまうのではないか。 そんな危機感からエンジニアとして成長できる場を求め、情報戦略テクノロジーに転職しました。
働き始めて驚いたのは、エンジニアにとってものすごく恵まれた環境だということです。なぜなら、お客様がうちのゼロ次請けという考え方に理解を示し、信頼関係をベースにシステム開発を任せてくれるから。この方法でやってくれと一方的に指示されるのではなく、一緒に議論しながら創っていくことができます。技術選定も自ら提案することができます。お客様から最先端技術の導入を承諾していただけたときは、嬉しかったですね。

技術を磨き、
1年目で部長に抜擢された。

前職では伸び悩んでいた私でしたが、情報戦略テクノロジーに入社してからは実際に手を動かすインフラエンジニアとしてぐんぐんスキルアップ、実績を上げることもできました。その後、インフラ部門の立ち上げや、エンジニアの評価制度制定など責任の大きな仕事を任され、こちらをやり切ったことが評価され、9ヶ月目にはインフラ部の部長に抜擢いただきました。実績に対してキチンとチャレンジ機会・評価をいただけることがとても新鮮でした。現在は私個人の担当案件だけでなく、技術戦略推進部の部長として、ゼロ次請けを実現できる顧客の開拓に取り組んでいます。その際に重要なのは、どこの会社よりもエンジニアドリブンを体現すること。そこで、まずは社内の優秀なエンジニアをアサインし、お客様の信頼を勝ち取ってからチームを編成していきます。この最初の切り込み部隊を務めるのが私の部署の役割です。部長の私は、採用活動もやりますし、営業にも同行します。働きやすい環境やチームづくり、メンバーのサポートを通して、顧客開拓の円滑化を推進しています。

受け身では、ゼロ次請けはつかめない。

ゼロ次請けは誰かから与えられるものではありません。一度実現したら安泰という類のものでもありません。お客様と向き合い、成果を残し続けることで初めてつかみ取れるものです。ですから後輩には、自らの成長に貪欲であってほしい。そのうえで、成長のためにはゼロ次請けが必要なんだという強い意識をもっていてほしい。そう願っています。
IT業界はものすごいスピードで技術革新が進み、エンジニアは常に腕を磨くことが求められます。これまでのスキルで生き残れると思っている人では厳しいでしょう。お客様の要求の変化に対応できる人だけが、ゼロ次請けの実現に近づけるのです。私たちは、自ら走る仲間を応援します。成功体験を積み重ねて、自己実現できるよう最大限サポートします。