Fujiwara Shuhei
人事部 組織開発課 課長 / 2016年新卒入社
早稲田大学 教育学部 卒
Fujiwara Shuhei
人事部 組織開発課 課長 / 2016年新卒入社
早稲田大学 教育学部 卒

「将来の夢は?」が、最初の質問。

学校の先生になることが夢でした。しかし、子どもたちに社会への期待を見出してほしいなら、学校以外の世界も知る必要がある。そう考えて、まずは一般企業に就職することにしました。さまざまな企業を見て、可能性が無限に広がるIT業界に興味を持ちました。大小問わずいろいろなIT企業の面接で、「いつか教師になりたい。教育とITを融合させたビジネスがしたい。御社でできますか?」と聞いて回ったところ、どこも歯切れの悪い回答ばかり。そんななか情報戦略テクノロジーの面接では開口一番に「将来の夢は?」と聞かれ、驚きました。そして、夢を打ち明けると、「じゃあうちでやってみなよ」と言ってくれたのです。後で気がついたのですが、そのときの面接官は社長の高井でした。想いを本気で受け止めてくれる。それが情報戦略テクノロジーという会社です。

本当に必要とされるシステムを創る。

入社2年目で、新規プロジェクトに参画しました。いきなり任されたのではありません。1年目のとき、某大手IT企業で初めてGO言語を使ったシステムの開発プロジェクトに参加し、チームを牽引したことが評価されたから。新規プロジェクトとは、高井社長が出会った社会福祉法人の代表と保育園の業務支援サービスをゼロから構築するプロジェクトです。より良いシステムを創るためには、相手を深く知る必要があります。だから私は、1ヶ月間、保育園に通い続けました。保育士のみなさんの業務を注意深く観察し、分からないことがあれば、「なぜその業務が必要なのですか?」と質問しました。思いついたアイデアはその場で、「どう思いますか?」と意見を求めました。まだリリースには至っていませんが、情報戦略テクノロジーでは、お客様の中に深く入り込み、お客様が気づいていない課題や問題点を吸い上げ、カタチにすることができる。言われた通りに創るのはただの作業です。主体的に動ける、本質的な課題解決に携われることが喜びです。

チャンスをものにし、夢を叶えたい。

私は今、新規事業の開発と新規部門の立ち上げを兼任しています。新規事業とは、「ホワイトボックス」と呼ばれるエンジニアの情報をデータベース化したプラットフォームです。エンジニアのスキルや特徴がすぐに検索でき、クライアントとの相性をスムーズに測ることができます。SI業界すべてのエンジニアがホワイトボックスを使用できる未来を描いています。立ち上げた新規部門は、組織開発課といいます。活躍できるポジションへの人員配置の仕組みや会社理解を深める教育の企画など、やりたいことが山積みです。兼務は苦労もありますが、「35歳で学校を創る」という私の夢を会社が理解してくれて、与えてもらったチャンスなんです。もちろん、理由や目的のない夢は受け入れてもらえません。努力を重ね、結果を残し、自分の言葉で想いを伝える。そして、自己実現と会社の成長を繋げる。そんな人が求められています。