Suzuki Atsushi
ソリューション本部 開発部 / 2017年新卒入社
早稲田大学 商学部 卒
Suzuki Atsushi
ソリューション本部 開発部 / 2017年新卒入社
早稲田大学 商学部 卒

根拠を持って上司に意見し、
研修内容を変えてもらいました。

技術だけで課題解決する開発者にはなりたくない。お客さんとコミュニケーションを取って、課題自体を発見する開発者になりたい。それが理想でした。情報戦略テクノロジーに決めたのは、取締役の近藤との出会いが大きいです。文系出身でITについて何も知らなかった私に、分かるまで噛み砕いて説明してくれたのです。この人みたいになりたい。この人の元でなら、さまざまなお客様の課題解決に貢献できる。そう確信しました。
入社後、一貫して感じるのは上司に意見ができる環境があること。新卒研修について教育担当の上司に、「もっと基礎からやるべきだ」と意見したことがあります。もちろん、単なる意見は受け入れてもらえません。自分の提案が妥当かどうかジャッジするために必要な根拠を十分に揃える必要があります。議論の末、上司は翌年から研修内容を大きく見直してくれました。上司部下関係なく意見ができるから、企業としても、人間としても大きく成長できると思います。

経験値ゼロでも実力をプレゼンできれば、
最先端技術のシステムを開発できる。

スマートスピーカーのアプリ開発は、とにかく楽しい経験でした。スマートスピーカーで、グルメサイトを検索できるシステムを構築したのですが、スマートスピーカーに使う技術は非常にニッチな技術。もちろん社内に経験者はいませんでした。「スマートスピーカーが一度に検索する店舗数は、何軒がよいか」、「ユーザーが最も使いやすい仕様はどんなものか」。チーム全員が手探りの状態でしたが、正解を自ら作り出す仕事は本当に楽しかったです。最終的に納期より一週間早くシステムが完成。残りの時間をブラッシュアップに充てることができ、高クオリティのシステムを納品できました。若くても、最先端技術のプロジェクトに参加できたのは、「やりたい!」と自ら手を挙げ、努力を重ね、任せてもらえるだけの力量があることを会社に伝えることができたからです。新しいもの好きな開発者にとってこれほど嬉しい環境はありません。

課題解決に、会話は欠かせない。

お客様が抱える課題そのものを見つけ出すことは、とても難しい仕事です。お客様自身が問題点に気づいていない場合があるからです。時には、自分の提案内容が本当に正しいのか、不安になることもあります。そんな時は、お客様と密に会話をして、お互いが納得できるポイントを探るようにしています。すると段々、問題の本質が見えてくる。お客様の悩みを解決する提案ができたときは本当に嬉しいです。今はまだプロジェクトの一員という立場が多いのですが、ゆくゆくはプロジェクトリーダーとして、さまざまなお客様のプロジェクトに参画したいと考えています。技術はあくまでも手段と捉え、コミュニケーションを武器に、課題解決に貢献したいと思います。