システム内製⽀援の情報戦略テクノロジー

相談できるエンジニアは
となりにいますか?

システム内製⽀援を実現する「ゼロ次請け」

「ゼロ次請け」とは?

SI業界の多重下請け構造から脱し、エンジニアが
お客様と同じ⽬線で課題に向き合い解決することを指します。
当社はゼロ次請けにより「モノづくり」ではなく
「ビジネス成果」につながるシステム内製をご⽀援いたします。

※システムインテグレーション

こんな課題を抱えていませんか?

従来の請負開発

出来上がったシステムがイメージと違う。
イメージ通りのシステムはつくれないのだろうか。

 

従来のSES

業務を遂⾏してもらうだけでなく、課題提起や
改善も主体的に⾏ってもらえないだろうか。

※システムエンジニアリングサービス

原因は多重下請け構造による
クライアントとエンジニアの
距離」でした。

伝⾔ゲームの発⽣

要件定義だけでは企画者の要望を100%反映することは不可能です。また要件定義者と開発者が異なることで企画者の要望を実現することがより難しくなっています。

⽬に⾒えない壁

開発者と企画者の間には1・2次請け企業が存在します。 そのため開発者は企画者に対し、主体的にアクションすることが難しくなっています。

外部環境の変化に対応していくためにIT部⾨に必要なもの

お客様と伴⾛できるエンジニア

システムを短期間で改善できる環境

内製支援のカタチ

専任型

「隣にいる」価値を提供

お客様の社内環境で、コミュニケーションを密にし、
潜在ニーズを反映した
システムインテグレーションを実現します。

体制共有型

「任せられる」価値を提供

お客様のマネジメントコスト最⼩化を実現し、
内製しているかのように
柔軟なシステムインテグレーションを実現します。

内製⽀援を実現する
エンジニアバリュー

システム要件ではなく
ビジネス成果をベースにした対話⼒

開発と運⽤、
双⽅に通じたスペックを保有

開発と運⽤のサイクルを⾼回転させ使いやすく成果の上がるシステムを構築

内製支援を実現する
「私のゼロ次請け」

エンジニアの主体性が顧客の評価も一変させた「僕なりの業界構造改革」

View More

エンジニア採用では絶対に妥協しない!攻めの人事の4つの施策とは?

View More

外部のエンジニアである私がお客様先でPLに抜擢された理由

View More

私たちは多くの企業さまを
ご支援しています。

利用社累計80社以上

※2021年4月時点

ご支援業界

※2021年4月時点

活用事例

プロトタイプ構築

開発スピードと仕様変更への柔軟性が求められるシステムを構築。PoC案件などスモールスタートしたい案件にも最適です!

クラウド活用支援

クラウドに移行しただけで終わっていませんか?クラウドのメリットを最大限生かしつつローコストでの運用をご支援いたします!

データ基盤の最適化

データ基盤の構築、改善をご支援いたします。またBIツールなどアウトプット先のUI・UX改善までご支援可能です!

クライアントインタビュー

株式会社セブン銀行様

新規サービス創出のカギはシステム内製

View More
資料ダウンロード

メディアサイトコンテンツピックアップ