PROFILE 2016年新卒入社。柔らかい雰囲気でだれに対しても気さく。しかし実際は情報戦略テクノロジーのエース営業メンバー。 自分らしく働けると感じ、情報戦略テクノロジーに入社。入社一年目から頭角を表し、後輩への想いも強い。自分の課題と向き合いつつ、日々活躍中。

肩肘をはらずに、自分のままでいられるこの会社を選んだ

大手企業の説明を受けて感じた違和感

新卒時の就職活動で、特に考えずに最初は企業の説明会に回っていました。 そのときに将来のビジョンを明確に持てていたかというと、他の学生と比べて秀でたマインドはもっていなかったと思います。

でもあるとき大手企業の説明会で、先輩社員から「悩みはありません」っていう言葉を聞いたんです。そのときふっと、自分はこうなれないなって思ったんです。 自分らしさを捨ててしまうかもしれないと感じたのです。 情報戦略テクノロジーは自分らしさをそのままに働くことができると思ったので選びました。

kannno_01

将来の上司となる人と会えた

私が情報戦略テクノロジーを選んだ大きな理由は、自分の上司となる人と面接で話しをできたことです。 しかもその面接は和やかで、面接というよりは雑談。 なんだそんなことか、と思われてしまうかもしれませんが、 私にとってはこれが決め手となったのです。

自分を取り繕うことなく等身大のままの自分で話をできたのです。 そのことで情報戦略テクノロジーに対して安心感を持ち、当時の私は潜在的にこの会社で働きたいと決めていました。

自分1人じゃここまで来れなかった

私は特段、営業を志していたわけではありません。

営業のいろはも知らない私に、先輩は親身に向き合ってくれました。 お客様への対応方法についても、私が腑に落ちるまでロールプレイをしてくれました。

先輩のおかげで今の自分があると言っても過言ではないと思っています。 1つ1つのアドバイスが押し付けではなく、自分で行動してみたいと思える言葉ばかりなのです。

先輩のアドバイスと「私の考え」
どちらも活かせる環境がある

kannno_02

お客さまと同じ目線に立たないと良い提案ができない

私は常日頃から、お客さまの置かれている立場に同調し、同じ目線で話をすることを心掛けています。 そして一緒に悩みます。 その上でお客さまの要件はしっかりとヒアリングし、優先度を決めてもらう。 そうしてお客さまの要望を実現していきます。

もちろん、すべての要件に応えることができているかといえば、難しい場合も多いです。 しかし、たとえ要件に応えきれない部分があったとしても、そこはアフターフォローで埋め合わせをしてきます。

最終的にお客さまが幸せになれないと自分も幸せになれないというのが私の考えです。

自分が教わったことを後輩にも伝えていきたい

今後私も後輩を任される機会も出てくると思います。 そのときは、先輩が私に接してくれたように、私も後輩に接していきたいです。

もし躓いているようであれば、その人が腑に落ちるまで相談に乗りたいと思います。 後輩にも実績を上げて一番になって、後輩にも幸せになってほしいと思っています。