PROFILE 2013年入社。情報戦略テクノロジー史上、最速の3年で課長に。現在はFXポータルサイトの開発・保守のプロジェクトに参画。ユーザーとコミュニケーションし、全体の開発方針を指揮している。中学時代からエンジニアを志し、高校、大学とエンジニアリングを学べる学校に進学するも中退。その後2度転職に失敗し、情報戦略テクノロジーに参画。

誰よりも早くエンジニアを志したのに、
情報戦略テクノロジーに入る前はノンスキルだった

エンジニアを志すのは誰よりも早かったのに

3年前の僕は、まさに浦島太郎でした。父がエンジニアで小さい頃からパソコンが傍にあり、優秀なわけではないけれどエンジニアを志すのは誰より早かった私。早くスキルを身に付けたくて大学を中退し、システム開発会社へ就職。その後二度転職し、たどり着いたのが情報戦略テクノロジーでした。しかし情報戦略テクノロジーに入社した当時の私は、今振り返ると使い物にならないほどノンスキルでした。その後、情報戦略テクノロジーでの経験を通して約2年で遅れを取り戻し、3年目で課長になりましたが、以前の私のように時代の流れに取り残され、いつまでもノンスキルのままの浦島エンジニアが世の中にはたくさんいるのです。

プロジェクトマネジメントができるのは上位1%未満だけ

エンジニア業界はピラミッド構造になっており、ユーザーと直接やり取りする1次請け、その下にディレクションを任される2次請け、業務を分散され任される3次請け以下といった下請け企業があります。レベルの高いプロジェクトやエンジニアは1次請けに集まっており、プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーといったマネジメントポジションも1次・2次請けにしか存在しません。しかし、1次・2次請け企業は業界の1%未満。

そんなことも知らず、私が1社目に選んだのは見事に4次請け企業でした。言われたものをつくり、言われた通りに直しているのに、残業で帰れない日々。だからといって大手企業に行けばいいというわけでもなく、大手企業には大きいプロジェクトの保守・運用に張り付きとなり、スキルアップする機会を失っているエンジニアも多くいるようです。

img-interview-kenji-t-01

働く場所を見極められないエンジニアは、
消耗品にされてしまうという現実

無駄にした時間を一気に取り戻した2年間

2社目は1次請け企業でしたが、パッケージシステムを少しカスタマイズして企業に導入するのが仕事で、スキルが上がるはずもありません。さらに転職を決意して受けたゲーム会社の面接で、圧倒的な技術レベルの違いに気付かされ、怖くなりました。

「これまでの遅れを取り戻さなくては」という一心で選んだのが、多様な業界の1次請け案件のみを手掛ける情報戦略テクノロジーだったのです。

情報戦略テクノロジー入社後は、有名大手企業のプロジェクトに参画しました。周りはこれまで見たこともないような優秀なエンジニアが多く、勉強になることばかり。これまで無駄にした時間を一気に取り戻すべく休みの日も勉強し、2年経って気が付くと、社内勉強会の講師を任されるまでになっていました。

「上を目指せ」と言いながら、
上がる階段がない会社ばかりだった

img-interview-kenji-t-02

「評価基準」が明確ということは、上がれる階段があるということ

「評価基準が明確」って当たり前のことではないんです。この業界に限らず、「何をすれば、どれくらいの昇給・昇格が見込めるのか」が明確な企業というのは、案外少ないものです。特に、システム開発業界では、期末に部署ごとの昇給予算が渡され、部長の印象でメンバーに配分する相対評価方式が主流のようです。

情報戦略テクノロジーでは、「個人の実績」に対して「絶対評価」で昇給・昇格が決まる珍しい会社です。だから、エンジニアはクライアントの予想を上回るパフォーマンスを一人で出し続けないといけない。一見大変そうですが、それは想像を超える良いモノを生み出し、クライアントを驚かせ、喜んでもらうということに他なりません。これこそ本来の「モノづくり」の楽しさなんだということを、この会社に教えてもらいました。