PROFILE 2015年入社。第一印象は物静か。積極的に自らをアピールするタイプでもなく「営業っぽさ」は無かったが、ヒト・モノ・カネを一手に管理するという仕事に共感を抱き、縁あって情報戦略テクノロジーに入社。数々の業績を残し、入社2年目にして主任に抜擢。就職活動のはじめは大手企業を見ていたが、脱サラして農業をゼロからはじめた両親が苦労している姿を見て「ゼロからビジネスを立ち上げる力」を身につけたいと一念発起してベンチャーを志すように。

自分の強みは真面目なことだから、
誰よりも勉強しようと思った

「営業らしく」ない私が、新卒2年目で主任に

大きな組織は、ベストな方法を横展開することを好みます。もし私が大手企業に入社していたら、話の上手さや相手の懐に飛び込む可愛げを身につけて「営業らしく」なるために、数年を費やしていたでしょう。何事も一歩引いて見てしまう私は、「営業らしく」なかったからです。

ですが、情報戦略テクノロジーでは、私の「営業らしく」ないところも一つの「個性」として捉えられ、無理に矯正されることもなく、「個性に合った戦い方をすればいい」ことを学びました。結果から言ってしまえば、他社に就職した同級生より圧倒的に早い、新卒2年目で主任に抜擢されました。

img-interview-takashi-y-01

誰よりもエンジニアに詳しい営業を目指した

「個性を生かせばいい」と思ってはいても、自分の個性に合った戦い方を見つけるのには苦労しました。「自分の強みは何か」を毎日自分に問い続け、たどり着いた結論は「真面目なこと」でした。考えてみれば小学生のときから、遊びに行く前に必ず宿題をするような子でした。だから、システム開発のことも一緒に働くエンジニアのことも、誰よりも勉強しようと思いました。

具体的には、自分のPCに開発環境を構築して実際にJavaやSwiftを書いてみたり、誰よりもエンジニアとコミュニケーションを取ることで知識を増やす努力をしたりしていました。 しばらくして、営業先でクライアントから「君はもともとエンジニアだったの?」と聞かれるくらいになると、エンジニアとの意思疎通もスムーズになり、仕事の精度は劇的に改善されて、勉強するほどに成果が上がるようになりました。

さらに、経営の3大資源と言われる「ヒト」「モノ」「カネ」を管理する情報戦略テクノロジーの営業職は、経営視点も身につきます。ビジネスパーソンとしての経験値も上がっている実感がありました。

「逆転したい人」が集うのが、
情報戦略テクノロジーという環境

img-interview-takashi-y-02

コンプレックスの塊でも戦える

順風満帆に生きてきた器用なタイプだと誤解されがちな私ですが、報われない経験も多く、コンプレックスの塊でした。

小学時代までは学級委員をやって順調だったのですが、中学校で一変。入りたかったサッカー部は存在せず、仕方がなくパソコン部に在籍する傍らでサッカーを練習。3年間かけて部員を集めて、やっと公式戦に出られる資格を得たと思ったのに、校長の許可が降りず断念することに。頑張っても報われないことがあると思い知らされました。

高校は県で一番の進学校に進んだのですが、周りのレベルの高さに圧倒され、ついていくのがやっと。当時、県1部リーグに所属していたサッカー部に入部できたもののレギュラーにはなれず、満たされない日々の中で、気付けば周囲から取り残されることに特に不満を抱かない自分になっていました。

情報戦略テクノロジーに入社してみると、そこには自分と同じように、何かしらのコンプレックスを持った人たちが集まっていました。情報戦略テクノロジーは、コンプレックスを持つ人でも「自分なりの戦い方」を見つけて逆転できる場所。裏を返せば、「自分の戦い方」が許容されるからこそ、その戦い方で勝ち抜く覚悟が必要な場所なのだと思います。